セブンイレブンの100円コーヒーが108円に 四国→九州、北海道と順調に値上げしてる件

※こちらの記事は増税前の消費税8%時に書かれたものです。ですが、コーヒー類は軽減税率対象品の食品にあたるため、引き続き税率は8%です。(店内のイートインで飲んだ場合は消費税10%です。)

 

福岡のセブンイレブンで見つけた張り紙

コンビニではキャッシュレス決済のみで支払いを済ませている私ですが、先日なんとなく見つけた張り紙に目を疑いました。セブンの100円コーヒーが108円になってる!!!しかも!7月1日から・・・!!

セブンイレブンのコーヒーは最低でも月1~2回は買っています。今何月でしょうか?もう9月です。不覚にも2カ月の間、全く気が付きませんでした。

なぜなら注文が完全にルーティン化しているからです。

「コーヒーのレギュラーくだしあ。ホットで」「あ、支払い〇〇Payで」

レシートの額面は自動で家計簿アプリ Money forwardで管理してるからま、いっかぁと見ずに財布に無造作にぶち込みます。セブンアプリもスマホに入れて毎回提示してますがこういう肝心なことは教えてくれませんでした。値段を確認しない私にも非があるかと思いますが店によって統一されていない告知POP、虚をつかれるような思いです。

なお、今回値上げとなったのは7カフェホットコーヒー(100円→108円)、アイスコーヒー(100円→108円)、ホットカフェラテ(150円→162円)、アイスカフェラテ(180円→194円)の各種レギュラーサイズのみでLサイズについては価格は変更なくそのままのようです。また、セブンカフェの価格変更(値上げ)に至った言い分としては内容量の10%増量、使用する豆のグレードアップ、カップの蓋やストローの変更(これは地域差があるよう)などが挙げられるようです。去年12月のリニューアルとは何が違うの?という感じですが。

せっかくなのでセブンカフェ値上げの軌跡を調べてみた

せっかくなのでTwitterでつぶやかれている方々の情報をもとにセブンカフェの値上げを軌跡を調べました。現在、値上げが確認されている都道府県は(徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、北海道)です。随時更新予定です。

 

2019年2月11日より全国に先駆けて四国地方でセブンカフェが値上げ開始。

2019年7月1日より九州、北海道(北海道は一部地域のみ?)でセブンカフェ値上げ開始。

このように2月に四国から値上げをスタートし、7月より九州、北海道と値上げエリアを広げているようです。また、2019年7月11日にセブンイレブンが初出店した沖縄では開店時から値上げ後の価格で販売されているようです。この調子で行けば本州で値上げが起こるのも時間の問題に思えます。さらに来月10月には消費税増税という絶好のタイミングも控えているのでセブンカフェの価格は注視したいところです。

なお2019年9月9日現在、セブンイレブンHPでは以下のような価格表記となっており、値上げには特に触れられておりません。注意書きに「※一部店舗ではセブンカフェの取り扱いがありません。」「※地域により商品の規格や価格・発売日が異なる場合があります。」とだけ記載されています。セブンイレブンさんには、私のように混乱する方が出ないよう誠実な告知を願いたいです。

セブンイレブン公式HPより引用
https://www.sej.co.jp/products/sevencafe.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする